人生に良い花を咲かせる

将来のことについて考えることが、面倒になることもあるかもしれません。それは、ある意味で逃げていることになるでしょう。しかし、過度に将来のことについて心配しすぎると、不必要なことまで用意してしまうかもしれません。花が綺麗に成長するためには、肥料と水をやりすぎてはいけません。何でも、適度が良いのです。ですから、保険について考える時も、考えるべきことと、考えなくてよいことをきちんと分けて考えることが大切です。

どういった事態は想定しうる問題か、どういった事態はほとんど想定できないか、その想定できないことに対応するためにさらにお金を使う必要はあるか、といったことなどです。そして、必要なことを絞って、保険も選ぶことができます。そうでないと、本来は家計を助けるためにある保険が、今現在の生活の枷になってしまうことがあります。それは、本末転倒です。ですから、保険の選び方において、手抜きをしないようにしましょう。もし家族がいるならば、家族で話し合って決められるかもしれません。

保険という『転ばぬ先の杖』は、そもそも転ばないことが一番です。しかし、人生は転んでしまうことがありますから、私達に取って、ベストな杖を選ぶことができれば、それは将来の為の良い準備になります。